重曹パックの作り方

普段からワキのムダ毛の処理にカミソリや電気シェーバーを利用している方は少なくありませんが、カミソリの刃を高い頻度で肌に使用していると、デリケートな皮膚がダメージを受けてしまい色素沈着を引き起こすので、黒ずみが目立ちやすいトラブルが起こってしまいます。

 

そこで気になる色素沈着を改善する方法として、ワキの黒ずみには重曹が効果的といわれています。重曹は掃除や料理など様々な場面で使用されている製品で、ドラッグストアやスーパーなどで簡単に手に入れることができます。

 

脇の黒ずみをなくす重曹の使い方とは、医療用または食料用の重曹を用意し、重曹と水を1:1の割合で混ぜ、ペースト状にします。黒ずみのある両ワキに摩擦が起きないよう優しくペーストを塗り、数分パックを行い後はシャワーで洗い流すだけです。

 

重曹ペーストに「酢」を少量混ぜると、炭酸が発生し効果がアップします。ただし重曹はお湯と混ぜると、アルカリ性が強くなりすぎるので必ず水を使いましょう。
また重曹も掃除用のものは粒子が粗いので、料理用の粒子の細かい重曹を使用しましょう。

 

このケアを行うことで皮膚の古い角質を浮かせるピーリングケアが行えるので、汚れを落とす万能素材の重曹にはこんな美容効果があったと驚く方は多いです。

 

TOPページに戻る