重曹の効果とパックの作り方

重曹パックの作り方

 

脇の黒ずみに「重曹が効果的」という話をよく聞きますが、本当に効果があるのでしょうか?

 

重曹は掃除や料理など様々な場面で使用されている製品で、ドラッグストアやスーパーなどで簡単に手に入れることができます。
最近では100円ショップでもよく見かけるようになりました。

 

重曹とは重炭酸ソーダの略称で、 炭酸水素ナトリウムとも呼ばれます。
お掃除用(工業用)、食用、医薬品の3つの種類が販売されており、水に溶けると、弱アルカリ性になります。

 

皮脂や古い角質は酸性の汚れなので、弱アルカリ性の石鹸などで洗うと、中和され汚れがとれるという仕組みです。

 

「温泉に浸かると肌がスベスベになった」という経験をお持ちの方も多いかと思いますが、これも肌表面の皮脂や古い角質が弱アルカリ性の温泉水によって取り除かれたという結果で、中和という化学反応による効能です。

 

 

重曹の効果|料理から洗濯まで

 

重曹は料理、掃除から美容まで

 

重曹の代表的な効果は次の通りです。

  1. 消臭効果
  2. 洗浄効果
  3. 制菌効果
  4. 研磨効果
  5. 発泡効果
  6. 膨張効果
  7. 柔軟効果
  8. アク抜き効果
  9. 胃酸過多を軽減する効果

 

腐敗した臭いや汗の臭いは酸性なので、重曹で中和するとニオイが軽減されます。

 

日常生活における汚れの大半は酸性系の汚れなので、汚れ落としには弱アルカリ性の洗剤や石鹸で中和するということです。

 

また料理でも重曹は使われます。
パンやクッキーを作る時に使われるベイキングパウダーも実は重曹のことで、「発泡効果と膨張効果」を利用して、ふっくら焼き上げます。

 

ワラビなどの山菜を湯がくときにも重曹が使われますが、これは「アク抜き効果」を利用したものです。

 

さらに医療目的では、「胃酸過多を軽減する効果」というものもありますが、これも重曹のアルカリ性の性質を利用して、胃酸という強酸の酸性度を軽減しているのです。

 

 

脇の黒ずみに重曹は効果がるのか?

 

脇の黒ずみには、2種類の原因があります。

 1.皮脂や古い角質、毛穴のつまりなど汚れ

 

 2.カミソリなどの刺激による色素沈着

 

脇やデリケートゾーンの黒ずみケアに効果的なのは、「1.皮脂や古い角質、毛穴のつまりなど汚れ」によるものです。

 

「2.カミソリなどの刺激による色素沈着」については、重曹はメラニン色素を分解する力はないので、あまり効果は望めません。それどころか、逆に黒ずみを悪化させる場合があるので、使用しない方がよいでしょう。

 

普段からワキのムダ毛の処理にカミソリや電気シェーバーを利用している方は少なくありませんが、カミソリの刃を高い頻度で肌に使用していると、デリケートな皮膚がダメージを受けてしまいメラニン色素の沈着を引き起こしてしまい黒ずみができてしまいます。

 

重曹ではメラニン色素の除去はできません。
重曹の効果はあくまで、皮脂や古い角質の汚れ落としであることを知っておきましょう。

 

 

かんたん重曹パックの作り方

 

重曹ペーストを作ります

 

脇の黒ずみ汚れを落とすための重曹の使い方とは、医療用または食料用の重曹を用意し、重曹と水を1:1の割合で混ぜ、ペースト状にします。黒ずみのある両ワキに摩擦が起きないよう優しくペーストを塗り、数分パックを行い後はシャワーで洗い流すだけです。

 

  1. 重曹と水を1:1の割合で混ぜる
  2. ペースト状にする
  3. 黒ずみが気になる箇所に塗って10分待つ
  4. 洗い流す

 

 

重曹ペーストに「酢」を少量混ぜると、炭酸が発生し効果がアップします。ただし重曹はお湯と混ぜると、アルカリ性が強くなりすぎるので必ず水を使いましょう。

 

また重曹も掃除用のものは粒子が粗いので、料理用の粒子の細かい重曹を使用しましょう。

 

この重曹パックは皮膚の古い角質を浮かせるピーリング効果もあります。

 

汚れを落とす万能素材の重曹ですが、には、こんな美容効果があったと驚く方も多いです。

 

ただし、重曹パックは肌に負担をかけるケア方法なので、敏感肌の方、乾燥肌の方など、肌が弱い方にはおすすめしません。
また効果が見られない、違和感がある場合はすぐに使用をやめましょう。

 

色素沈着のある方や重曹パックのガ合わない方は、保湿効果もある黒ずみ専用の美容クリームなどがおすすめです。

 

>>わきケア専用の美容クリームの記事

 

 

TOPページに戻る